はづママのブログ

「今」をおもいっきり楽しもう!

これまで経験した人生と仕事を振り返ってみる(3000字超えてます)

f:id:uemoto_mariko:20181225110446j:plain
こんにちは!はづママです!

今日は、「なぜ、人生ぶち上げろ🚀」な発想になったのか、

これまでの仕事の経験(人生の流れ)をザクッと振り返ってみます。

(今日も好き勝手に自分の言葉でガンガン書きます。表現が荒いとこあるかもしれません。ご了承くださいませ(*_ _))

これまで経験した人生と仕事を振り返ってみる

中学校時代

小学校時代にTRFとか小室哲哉の音楽が流行って、小6からストリートダンスとジャズダンス習ってました。バレエの基礎が入っててめちゃくちゃ厳しかったけど、楽しかった。(先生はプロのミュージシャンのバックで踊ってたプロダンサーでした。)

家庭環境は、noteに書いているのですが暗黒すぎたので、とにかく好きだったダンス練習がめっちゃ楽しかったです。

当時から占いが好きでしたが、本は物語より実用的な本が好きでした。

高校時代

高校卒業して、すぐに就職したかったので、就職に役立つだろうという考えで商業科に進みました。それなりに商業専門の資格は取りました。

しかし、これが実際の仕事で役立ったかというと、後に書きますがほとんど役立ちませんでしたね・・・

今は、ITパスポートという情報処理の資格(国家資格)があって、こちらは就職にすごく有利だと思います。

(という資格があることを最近知りました。わたくし、来年受験します('ω'))

高校2年生の後半になってから公務員を目指したかったかも!!と思いましたが時すでに遅し。普通科に行ってなかったので断念せざるを得ませんでした。(公務員専門学校に進めば解決したのかもしれません)

高校時代は、演劇部で舞台監督してました。プロの照明、音響、舞台担当の方とお話しできたり刺激的で楽しかったです。

遠藤周作の「沈黙」を高校の演劇大会でさせていただきました。

(ちゃんと著作権の許可もいただきました。今考えたらすごいことだったかも。)

高校卒業後、建築会社の総務課に入る⇒仕事は就いてみないとわからない

高校卒業後は、念願の事務員になりました。

高校時代に学んだ簿記などですが、そこは会社経営の大事な部分になるので、重要な帳簿とかパソコンは全くもって触らせてもらえませんでした。

出勤管理と経費の伝票の仕分けとか、来客の受付、お茶出しとかやってました。

ついでに就職した会社が実母の遠縁にあたる会社だったので、田舎ならではなんですが、プライベートまで詮索されてて嫌でした。

あと、歩きまくっていた高校時代から、いきなり車通勤&オフィスで座りっぱなしで筋肉が急に落ちたのが原因なのか、ひどい腰痛になり、

体を動かす仕事に就こう!!

と思い転職しました。というわけで、建築会社は1年半くらいで辞めちゃいました。

高校時代に学んだことがほとんど実社会では役立たなかったのを痛感した時期でした。

体を動かす仕事がしたい⇒パチンコ店のスタッフに

めっちゃ単純なのですが、当時、田舎で給料良くて、体を動かす仕事⇒パチンコ店

くらいだったので、迷わず入社しました。事務員の時とは真逆で、アスリート並みに歩きまくり走りまくりでした。なので、休日は倒れて寝てました。

仕事は大変でしたが、明るくて楽しい職場でした。

 でも、後に楽しくて成績があって、収入があって充実していたのは、当時の店長のおかげだと痛感することになりました。

 新店舗の立ち上げに店長が就くことになり、副店長が店長に昇格しました。

もちろんお客さんにはヒミツだったのですが、

店長が変わってから少し経ってお客さんに言われたのが「店長、変わったでしょ?雰囲気がちがうもん」

店長が変わると、店の空気も変わる。

これは衝撃でした。

やりがいもあって収入もあって、楽しくて良かったのですが

たまにふと、「自分、何してるんだろう、このままずっとパチンコ屋さんするのかな?」と、思ってました。

わたしの人生の大失敗⇒思いやりのない人と結婚してしまい人生が暗闇になる

21歳の時に、2年半務めていたパチンコ店を寿退社して、結婚しました。

劣悪な家庭環境を乗り越えてきたことと、仕事はバリバリだったので、ちょっとやそっとの問題はなんてことない

という自信があって、結婚しましたが、これが大きな間違いでした。

端折りますが、とにかく苦労しました。

八方塞がりとはこのことだって感じ。

(結婚生活中に身についたことは、新興宗教のおかげで霊感がついたことと、手の感覚が敏感になったこと、宗教のおかげで龍神絡みの出来事が増えたことです。)

最終的に困難すぎた結婚生活に耐え抜いた8年後、私は完全に精神疾患が悪化して離婚に至りました。 

この時に、アロマテラピーなどスキルを持ち、プロになって自分の店を持ってやる!!と強く思いました。

29歳の時、離婚

離婚後は、不安神経症とPTSDの症状と戦いながらも、自立のために仕事を選ばずに色々やりました。完全なる荒治療です。精神安定剤を使わない方向で生活しました。(ご飯が食べられない、外に出られない、フラッシュバックすると景色が回ってたので今思えば危険だったかも・・・)

ひとりになったので、それなりに稼げるだろうと思ってました。

女性のフリーターはまず稼げない

地域的なものもあると思うのですが、普通の一般的な求人だと正直に貧乏確定です。

(なぜか女性の月収の壁に12万円というのを感じました。あと、パートとかバイトしかなくて正社員登用とかがほぼないです)

とりあえず、Wワークしたり働きまくりました。趣味で占いも学んだのですが師範の先生に怒られるくらい死ぬ気で仕事しまくってました。(パチンコ店でしながら夜は居酒屋のキッチンとか)とにかく、効率の悪い稼ぎ方であったことは間違いないです。

仕事しながら整体学院に通う

勉強するために、居酒屋でキッチン業務しながら空いた時間は整体学院に通いました。

居酒屋がとんでもなくハード(夕方6時、日が暮れる時に出勤して、翌朝、日の出のころに帰宅してました)で、整体学院の先生からは「寝不足な人に施術は教えられない!!帰れ!!」帰って倒れてました。

整体学院卒業とともに店を任せられる

整体学院の卒業が近くなって、先生にから「タイミングよく、仕事が来るのよ」

と言われていましたが、

ほんとにタイミングよく卒業生である先輩先生のお店を受け継ぎました。ラッキー

個人開業は初めてだったので、色々と戸惑いもありましたが、

自分のスキルで開業し、やっと「自分、なにしてるんだろう?」から解放されました。

 

離婚して5年、今の旦那さんと再婚もできました。

(結婚する相手は気を使わなくて済む、思いやりもあって子煩悩な人がいちばんです←のろけ)

まとめ

人生、仕事
  • 仕事は就職してみないとわからない(業務内容より、人間関係が問題だったりする)
  • 人生、苦労したとしても、それが経験となって後に人の相談や話を聞くときに強く共感できる。
  • 経験したことが役にたつ時もある(私の場合は、離婚・精神疾患など。整体の仕事を始めてからが、お客様の話を聞くときに役立つことが多かった)
  • いろんなことに対して、なんとなく先見が効くようになる(予想が当たる)
  • 苦労すると、それが強い決意(コミットメント)になり信念になると強くなれる(目標がブレない)
  • かといって、自分に優しくない環境に居続ける必要はない(劣悪すぎる環境からは逃げるが吉)
  • 結婚すると精神的に安定感が増す。共感できる相手だとさらに楽しい。協力的な人だと生活の効率が上がる
  • 勉強や読書はまちがいなく人生の質を上げる
  • これからの時代は副業も兼ねていろんなサービスを利用することが不可欠
  • 問題は細分化して、シンプル化する
メンタルに関して
  • 気分は自分で選べる(不機嫌な人は自分で不機嫌なことを探して不機嫌になっている。)
  • 自分を愛し、目の前にいる人を大事にする(重要)
  • 他人のことは変えられない(変えようとしない)
  • 自分を変えられるのは自分だけ
  • 恨むと恨まれる。馬鹿にすると馬鹿にされる。(鏡の法則)
  • いろんな見方、視点を変えて考えてみると、また捉え方が変わってくる
  • ゆるせないこと⇒ありがとう、と言って許せない感情は手放す
  • 言葉ってマジで大事だ。
  • 心の中の言葉は繰り返すほど力を増す(ので思考と言葉には気をつける)
  • 他人のせいにしない(自分の人生に自分で責任を持つと、無駄な不満がでにくい)
  • 自分の人生、自分でぶち上げろ🚀🔥🔥

自分の経験が全てでないことを忘れない

子どもが大きくなったら海外で生活したいなあ~🛫

以上、苦労人はづママの人生経験談(のかけら)でした~(*´ω`)🌻