はづママのブログ

「今」をおもいっきり楽しもう!

【スポンサーリンク】

はづママの人生ぶち上げるブログ

赤ちゃん9ヶ月グズグズぎゃん泣きパーティーの正体を知る

f:id:uemoto_mariko:20190326070902p:plain

グズグズは大事な成長過程の一部


みなさま、お久しぶりです(*´ω`)~✨

平成最後の数か月間を育児に専念して完全自宅引きこもりしていました、はづママです🌸

おかげさまで、うちのベイベーも立派に9ヶ月になり、絶賛ふたたびギャン(´;ω;`)泣きの嵐です。

これが、オムツを替えてもミルクを与えてもおやつをあげても大絶叫で泣きまくる。⇒⇒⇒さすがにのんびりなあたしも頭痛&グラグラ"(-""-)"

なんなんだ!!いったい何がいけないっていうんだ!!!なぜにそんなに大絶叫で泣くんじゃいーーーー!!!⇒スマフォで検索ぽちり。

グズグズの正体、それは『メンタルリープ』

検索でぽちりして出てきた言葉が「メンタルリープ」でした。

wonderweeksjpn.com

※リンクフリーとあったので参考に載せさせていただきました。

 

ぎゃん泣きグズグズは、赤ちゃんの少ない感情表現(お腹すいた、眠い、気持ち悪い・・・など)と同時に次の発達段階への移行現象だったのです!!

知らなかった~💦💦と驚きと同時に、そういう理由でぎゃんぎゃんグズグズだったのか!(*_ _)と内心ホッとできました。(もちろん、だからといって泣きっぱなしなのをほったらかしにはしてはダメです(*´ω`))

人は生まれてから亡くなるその時までスキンシップと言葉がけが重要

ハイ!!ここ!!ここテストに出ます🔥(いきなりなんのスイッチだ)

前回どこかの記事で書いたかもしれませんが(←前回のブログが昔すぎて記憶が無いことを堂々と書くやつ)

人は生まれてから亡くなるその時までスキンシップと言葉がけが重要です。

大事なことなので2度書きました。

皮膚に触れる、それは『脳に触れていることと同じだから』

答えを先に書いちゃいました。

難しい話はポイしますが、そういうことなのです

(師匠に読まれたら怒られる)

スキンシップについて触れようと思った理由

先日、ニュースで姉が弟を殺してしまったというニュースを見ました。昼間のワイドショー番組でした。

事件が起きてしまった姉弟が育った環境は、お母さんから大変ひどい虐待を受けていたそうです。やがて両親は離婚されて、姉弟と他の兄弟は父親が引き取りましたが、大人になると他の兄弟は家を出て、お父さんと姉と弟が残ったそうです。それからお父さんが亡くなられてどうやら遺産のことで姉と弟で揉めて事件にいたったらしい、という内容でした。(うろ覚えで書いています、すみません)

 

 

あたしは、以前からブログに書いている通り、虐待を受けて育ち、大人になりました。

 

あたしが個人的に感じたのは、このお姉さんはお母様に虐待されて育てられているので、必然的に心にガマンと反抗する心を強く持つことになり、なおかつ、虐待されて育ったという経験しかない(というか、それしか知らない)ので、自分も人に虐待してしまうということにもつながりやすかったのではないか(必ずしもそうなるわけではありません、と言いたい)

 

人は強い感情(決めつけなど)を押し付けられると、ガマンして耐えていい子のふりをするか、反抗する人のどちらかになります。(←NLPからの学び)

 

(あたし自身経験で、実際に初めての育児の時、幼少期に母親から世話をされた経験もなく、しかも父親からの暴力と育て方しか経験していなかったので、子を産み母親になったのに『母親とはなんだ、子供にどうすれば良いのかわからない、接し方がわからない』状態で本気で心底苦しみました。

当時、離れて暮らしていた実母に泣きながら電話で相談しました。当時の私はヒステリックで危険な母親でした。ずいぶん経った後に赤ちゃんを産んだ=母性本能が生まれるというわけではないと知りました。(母性は育児をしていく過程で生まれる)

今は大失敗を経てしまいましたが、そこからいろいろ学び、家族と赤ちゃんが宝物なママです(*´ω`)人は変われるんやで!!!

 

話は戻りますが、怒りのコントロールが効かなくなると『手が出る』状況になります。

(自分で怒りのコントロールできない場合は心のケアが最優先⇒心理カウンセリングを受けるなど)

虐待を受けて育った場合、心に恐怖心が染みついているので感情の出方が激しくなります。(すぐキレる=それだけ心に余裕がない、冗談が効かない状態)

 

なので、この事件が起こった背景には、お姉さんと弟さんが育った環境から作り出された心のゆがみも背景にあるような気がしました。

個々の性格や考え方も関係するので、一概に環境が全てではないです

 

🔑感情は自分で選べます。今、不機嫌な人は不機嫌になることを選んでいる、ということです。不幸な人は不幸であることを選んでいる。悩みが多い人は、あたしからみたら逆に悩むのが好きなひとに見えます。すみません(..)

 

スキンシップの話のつもりが虐待にぶっ飛んでしまいましたが、もし、このお母さんが優しい言葉がけをするなど環境が違ったら、

もしかしたらこんなことにならずに済んだのではないか、コミュニケーションが冷えていたから通じ合えずに、問題になったのかもしれない・・・と感じたのでした。(という勝手な憶測であります)

 

親きょうだい、家族だから必ず仲良しということはないし、むしろ家族だからこそ関係が難しい場合のほうが多く、距離感ほんとうに大事だと思います。話もすり合わせないと分かり合えていなかったり、家族って難しいですよね(*_ _)

スキンシップと言葉がけが情緒を安定させ、心も体も丈夫にする

 題名から脱線しまくってもうた久しぶりのブログを、しゅるっとまとめます。

 

衣食住の環境だけではなく、言葉がけやスキンシップがあると、それは心に響きます。ハグや握手、やさしくなでるなど、タッチケアすることは人に安心感を与えて幸福感を生み出します。さらに成長も促します。

5分の会話(説教)より5秒のタッチ

要するに、人間らしく生きるにはが必要だ!!

(師匠が読んだら怒る粗さという自覚があるまま締めくくらせていただきます)

ありがとうございました(*´ω`)🌺

 

f:id:uemoto_mariko:20190326071928p:plain

桜を見に、お散歩に行きませんか?🌸(*´ω`)🌸