hazumama.com

自分ブランドを創りあげ自由に生きる

【スポンサーリンク】

神社で人生変わった経緯を語ってみる①

f:id:uemoto_mariko:20181028065649p:plain

おはようごさいまーす!!マニアックはづママです!

今回はコアな話なので、興味ない方はスルーお願いします

でも、これはリアル体験談なので書き出しておこうと思い、今回書くことを決めました。(勇気要りました)

前もってお断りしておきますが、これは単純に「わたしの体験談を書いている」のであって、決して新興宗教を否定したり、逆にスピリチュアルをお薦めするという目的ではありません

しかしながら、この世には不思議な世界があるので、その体験したこと&学ばせてもらったことの備忘録として書いておくものです。

除霊やお祓い、祈祷などは致しておりませんので、よろしくおねがいします。

神社興味なかったけど、興味でざる負えなくなった話①

さかのぼること18年前、私は家庭の環境が最悪で父の酒乱によって死にかけていました。(リアル話です)

で、高校卒業後に出会った彼氏の家族が、とある新興宗教団体を信仰していて、わたしも家庭の環境が悪く災難が絶えないのは見えない世界(先祖霊の祀り方など)に原因があるのではないかと思い入信しました。

入信して初めは効果はあったものの、後々その宗教団体にかかわっていた彼の一家から生活から考え方、行動と何から何まですべて宗教に沿った生活をと、どえらいモラルハラスメントの被害に遭いました。それと同時に、私自身は入信8年と、まあまあ経験を積んでいたため(神事に参加して、龍神を鎮めるなど)おかげで手の感覚が敏感になっていたのと(炎症を感じる、痛みがわかるなど)直感が敏感になっていました。

 

※霊感と閃き・イメージですが、見えないほうが個人的には楽です。

今思えば見えない世界からの忠告だったんだと思うんですけど、大抵知らなきゃよかったと傷ついたことのほうが多かったです。なので普段は見たくない、見せないでくれとお願いしてます。(聞き入れられているかは不明)

 

入信中、宗教団体の神様はお祀りしているのに天照大御神を祀らなくてよいとか、氏神様には参らなくてよいとか、神道と名乗っているのに日本の神話について日本書紀や古事記などの勉強も無い。勉強で出てきたのはライバル宗派のことだけ。

神様は縦社会のはずなのにおかしくないか??

と、徐々にその新興宗教団体に疑問を感じ始めていました。

そして、彼の母親に自宅に祀っていた天照大御神のお札をにらみつけられて「神社に戻してきなさい!!」と言われてしまいました。(母との旅行の思い出に神戸で買ったお札だったのに・・・)

嫌でしたが、しぶしぶ天照大御神のお札にお参りして神様におことわりしてからお札をおろし、神社に向かおうとしたその時でした。

なんと心臓が強烈に痛くなって、私はその場に倒れてしまいました。

もう、すごく苦しくて。その時に直感で感じたんです。

「あたし間違ってない。神様は縦社会だし、八百万の神様に感謝して氏神様にご挨拶して、天照大御神にお参りすることは、間違ってない!!!」

すぐに心の中でお札に対して、ごめんなさいと真剣に伝えました。

作り話ではないです。なんとすぐさま心臓の痛みがすっかりさっぱり治ってしまったんです。

それを機に私は新興宗教団体をきれいさっぱり辞めることを決意しました。

けっこうマインドコントロールされていたので、今思えば意外に大変だったと思う。

その後、団体のご神体をどうするか悩んでいました。その辺に捨てるのは恐いし、かといって団体に行けば絶対引き戻される。

 どうしたらよいかわからないまま、私は新しい土地に引っ越しをして新しい場所で生活を始めました。

住み始めてすぐに、自宅の中を煙のような白い龍神が走っていくのがイメージで降ってきました。素早い龍神です。でも、それはあたしの空想とか思い込みだろうと思ってました。(これが後々現実になりますw

 1年後、面接を受けたバイト先の店長が神様が見える人でした。

(そんなことってある?!?!)

と驚きましたが、実際にカウンセリングなどしている方だったので、半信半疑で放置していた団体のご神体をどうすれば良いか相談してみました。

すると、ちゃんと時間をとって霊視してくれて言われたのが、行ったことはないけど近くの有名な神社だったので数日後、ある晴れた日にご神体を持っていきました。

すると、境内に入ってすぐ神主さんがいたので「要らなくなったご神体をもってきたんですけどっ」と声掛けました。

笑顔で「良いですよ。」と一瞬で持ち去ってくれました。

あっけにとられたまま、そこの神様にお参りした後、神社の由来を読んだら驚愕。

なんと、新興宗教団体と同じ『宇宙の神様』そして傍らにおなじく大国主が祀られているではありませんか!

新興していた宗教団体と全く同じ形式の神社だったのです。

(新興宗教のほうは同じ大元の神様でも名前が全く違うけど宇宙の神と言っていた)

これって・・・

 

そう、わたしが新興宗教団体で8年間もお参りしていた神様の本当の名前

アメノミナカヌシノカミだったのです。

しばし呆然とした後、私は本当に元々の神様の場所に戻せたんだな、というのと神様から本当の御名前を教えてもらえたんだと、感動して泣いてしまいました。

shinto-jinja.jp

 

でもそれ以来、神社には月に1度、行きたいところにお参りすればいいやとか、年末年始に参拝する程度で神様とか見えない世界には深くかかわらない、現実の世界を大事に生きようと思い普通に生活し始めました。ご神業とも縁が切れて、身軽になったような気にもなりました。

仕事もバリバリこなして、死ぬ気で仕事してメンタル戻して整体学院にも通いだして、普通の恋愛にも縁のない独身生活してました。

 

しかし、何気ない行動がまたしても不思議な縁に巻き込まれていくことになったのでした。

                                   つづく