hazumama.com

自分ブランドを創りあげ自由に生きる

【スポンサーリンク】

北海道震度6強 熊本地震経験者が思うこと

おはようございます、熊本地震経験者のはづママです。

明け方、授乳で朝4時に起きてスマホを開いたら、Yahoo防災で「北海道 震度6強」の通知が。「え?」と驚いたのと同時にゾッとしました。

熊本地震の始めの地震は、夜8~9時台で、みんな起きている時間でしたが

 

本震は夜中の2時で、この時に多くの家屋が倒壊し、圧死された方が最も多く出ました。

 

だから、今後の余震に備えて、絶対に夜は避難所で過ごして欲しいです!

 

そして、車内も危険です!

震度5強超えると、なんと車はゴムボールのように飛び跳ねるのです。

(始めの熊本地震の時、車のテレビを見たら寒いのに外でうずくまる多くの人が映っていて、寒いのになぜだろうと思っていたら、震源地に近かった妹に電話したら、そういうことでした)

熊本地震の時は、停電は割と小規模で済みました。(自宅周辺の話です、、)

 

私の自宅は幸い電気水道ガスは大丈夫でしたので、避難生活も夜は避難所(中学校の体育館)で過ごし、日中に自宅で急いで(余震に怯えながら)洗濯、炊飯、シャワー浴びて、ご飯が炊き上がったら、みんなでおにぎり急いで握って、洗濯物干して夜は避難所で寝る、、という生活を約1ヶ月しました。(昼間は娘を連れて、夫の農業についていきました)

母の家は断水していたので、作ったおにぎりを届けたりしました。

これは、熊本地震でも比較的被害が少なかった私個人の経験です。

 

今回の北海道の地震は段違いです。電気も大規模に停電してますし、ライフラインも心配です。

ちなみに熊本地震の時は一瞬で菓子パン、おにぎり、飲み物はコンビニ、スーパーですっからかんになくなってました。そして、パンや惣菜を作る工場も地震で崩れ、お店に入荷されませんでした。でも、避難所ですぐパンやおにぎり、飲み物など支給があり助かりました。

 

交通は、道路が大きく崩れているので高速は通行止めで、下道は常に大渋滞が長期間続きました。それで、配給が遅れたり、1箇所にばかり集まり、行き届かない地域もありました。

 

熊本は温泉が豊富であちこちに温泉施設があるのですが、それでも震源地周辺では温泉に入るのも数時間待ちでした。

 

地震の直後、とにかく生活が一変して、普段の何気ない生活が、あんなに幸せなことだったんだと痛感しながら過ごした日々は忘れられません。

 

地震は恐いです。ネットではそんなに余震きたら慣れるだろ、と書かれてあったのを見たことありますが、

恐怖で慣れない人もいるし、

ハッキリ言います。

余震に慣れたら、命取りになります。

 

「大丈夫だろう」

 

それで亡くなった方がほとんどです。

だから、どんなに家族が大丈夫大丈夫て言っても、大丈夫はありません。どうか、安全なところへ逃げてください。

 

どうか、これ以上、被害が大きくなりませんように。